転職をした薬剤師の成功事例

転職をした薬剤師の成功体験談

医療系でも、人気の職業の1つに、薬剤師がありますが最近、薬剤師の求人サイトも充実し、転職をする方も増えています。 そこで、転職をした薬剤師の成功事例をまとめてみました。

 

女性1


大学近くの病院から地元の病院に転職したAさん
私は、地元を離れて大学に通い、そのまま大学卒業後、大学近くの病院にて、薬剤師として就いておりました。 しかし、職についてから数年、実家の祖母が倒れてしまい、家族で交代で祖母を看る事になりました。 偶々、祖母の入院している病院で薬剤師の空きが出てるのを求人サイトで知り、転職しました。 本当は、地元に帰って仕事する事は、不安でしたがコンサルタントさんが的確にアドバイスして貰いました。 休憩時間などに祖母を見に行けますから、安心して勤務ができます。

研究機関から調剤薬局に転職したBさん
私は、大学院卒業後、研究機関に就いていました。 しかし、毎日研究している中で、直接患者さんに聞いて、薬が合っているか聞きたいと思いました。 収入は、減りますがやり甲斐を優先させ、求人サイトに登録してコンサルタントさんに相談した所、私の就いている近くに調剤薬局がオープンするとの事で、応募し、合格しました。 収入は減りましたが、やり甲斐は感じますし、毎日子供の幼稚園の送迎が出来るので、満足です。

病院から近くの調剤薬局に転職したCさん
出産を期に退職した私ですが、育児も落ち着いてきたので、娘を幼稚園に入園するのに伴い、転職を考えていました。 そこで、求人サイトにてコンサルタントさんに、育児と家事の支障がない職場で探してもらった所、幼稚園の近くの調剤薬局が丁度空きが出たとの事で、転職しました。 幼稚園に近いので、娘が急病の時にもすぐ駆けつけれますし、送迎も楽なので、助かります。

まとめ
薬剤師の需要も増えている中、求人サイトも充実しています。 転職を考えている方は、コンサルタントさんに、自分の希望する事を詳しく伝える事をオススメします。

この記事を書いている管理人も医療関係の会社で働いています。私が今の職場に転職したのは9年ほど前。転職したのは恥ずかしながら任意整理をして借金額を減らしてもらった為。もともと安月給なのにパチコンにハマってしまい、気がつけば返済できないほどの借金額だけが残っていました。当時は返済できる余裕もなかったので任意整理をして返済額を減らしてもらいました。参考までに、もしこのサイトを見ている人で借金に困っている方がいれば参考にして下さい→(街角法律相談所についてはこちらをご覧ください

それでも生活が苦しかったので転職してもう少し給料がいいところを探した結果、医療関係の営業が給料もよく、自分にあっている仕事だと感じています。私が転職したのは39歳の時でした。そんな借金だらけの落ちこぼれサラリーマンでも転職できたので皆さんもきっと大丈夫です!!!