老人ホーム 看護師

老人ホームの仕事内容と口コミまとめ

介護保険制度が確立して10数年経ちますが、今注目されてるのが老人ホームの看護師の求人内容について調べてみました。

病院から老人ホームへ
従来は病院の求人が多かったのですが、介護保険が施行されてから、老人ホームへの求人が増加しています。 老人ホームの求人内容は、「介護士の補助」という位置づけになっています。

老人ホームと病院の業務は違うの?
老人ホームも主として2種類に分けられます。 先ずは、老健などに代表される医療系の老人ホームです。 此方は、療養や場合によってはターミナルに赴きを置いていますので、介護士と看護師が協力して入居者を援助します。 一方の特養などの福祉系の老人ホームの場合は、介護士が生活や身体の援助の主体となり、看護師は介護士の出来ない胃瘻援助や服薬援助などの医療の分野での補助を行います。 病院の場合は、看護師が医師の補助としていますので、業務内容が異なります。

老人ホームで働いてみた経験談
私の場合は、病院勤務してからの老人ホームに転職した形です。 元々、交代制で病院勤務をしていたのですが、出産を期に交代制は、厳しいと思い退職しました。 ハローワークや求人サイトなど幾つかに登録して、求人を探してみたら、偶々近々家の近くに老人ホームがオープンし、看護師を募集していたので、応募する事にしました。

 

老人ホームの近くに託児所があり、空きがあるのと、ブランクあっても可能との事で、老人ホームに転職しました。 先ず、驚いたのは病院と業務内容が異なり、先ずはバイタルチェックから始まり、服薬援助や胃瘻援助でした。 今までオムツ交換から何から何まで自分がしていたので、介護士の補助との事で(私が就いたのは、福祉系の老人ホームです)何かと介護士に助けられました。 私は、転職して良かったと思います。

求人のポイントは?
同じ老人ホームでも、医療系と福祉系で異なります。 また、私のように子持ちママの場合は、日勤のみの求人を探すといいかもしれません。