訪問看護の仕事内容

訪問看護の仕事内容について

施設から地域や在宅に、医療や福祉のサービスの推進を図っていますが、今看護師の中で注目なのが訪問看護ですが、仕事内容について調べてみました。

訪問看護とは?
訪問看護とは看護師や准看護師、保健師などが、療養をしている人を訪れ、健康状態の観察、日常生活の介助、栄養指導、リハビリテーション、ターミナルケアなど医療的視点から援助する事を指します。 また、医療専門家の観点から、訪問看護の利用者の医療関連が、安全に行われるよう、利用者本人や関係者への指導や、医療機器の管理なども訪問看護の仕事となります。

訪問看護は、医療保険?介護保険?
介護保険が施行されてから、利用者が増えている訪問看護ですが、実は医療保険でも利用できます。 しかし、医療保険にせよ介護保険にせよ、かかりつけ医が訪問看護が必要と証明せねば利用できませんし、介護保険の場合は、介護認定を受けなければなりません。

 

女性3


訪問看護の利用者は?
訪問看護の利用者は、高齢者や障碍者だけでなく、難病患者から赤ちゃんまで老若男女、訪問看護が必要とする方が対象となります。 何故なら、上記にもありますが、介護保険だけでなく、医療保険での適用が可能だからです。

訪問介護との違いは?
訪問介護は、オムツ交換や食事介助やトイレ介助、入浴介助などの身体的ケア、買物や掃除などの生活ケアを主としますが、訪問看護は医療ケアが主となります。 利用者本人や関係者に助言や指導するのは、訪問看護も訪問介護共行います。

訪問看護の求人は?
訪問看護の求人は、求人サイトやハローワークにて、探す事が出来ます。 施設看護を経て、訪問看護に就く方もいらっしゃいますが、看護系の学校を経て新卒で就く方も増えてきました。 マイカーにて、直行直帰できる事業所や、限られた時間のみ働く事が出来るので、小さな子供が保育園や幼稚園、小学校などに行っている間のみアルバイトやパートで働く方もいらっしゃいます。